指赤いニキビ化粧品のランキング

くせ毛を味方にしてみました

生まれながらの父親譲りのくせ毛です。学生の頃は精神的に前髪の上の方が薄くなり、友達にも薄い薄いと言われ、余計神経を使い薄くなるような気持にもなりました。

 

髪の毛に良い食べ物といえばわかめだと思い、毎日沢山食べてみたり頭皮のマッサージをしてみたりブラシで頭皮をたたいたりもしてましたが、両親からきっと心の問題だと言われ気にしない気にしないと自分に言い聞かせなさいと説教をされた事もありました。

 

ものすごく薄かったわけではなったのとくせ毛のためなんとか隠せる範囲で過ごしました。あとくせ毛なので朝起きると横の髪の毛がボンバーのようになり、髪を濡らしてドライヤーとヘアーブラシなどで整えたり、くせ直しの市販のスプレーを使ってみたり大人になって美容院でストレートパーマをかけた時は嬉しかった思い出があります。

 

しかし髪の毛のいたみを感じ数回で断念しました。反対にちゃんとパーマをかけて目立たなくする方法もやってみたりしましたが、やはり朝の髪のセットに時間がかかるのであえて髪を伸ばし束ねていた頃もありました。

 

いろいろ試しましたが、今はパーマもかけず美容院ではカットとカラーのみです。その場でカットするとくせ毛のため、翌日それ以上に縮み短くなるのでその加減を伝えます。

 

くせ毛を敵にせず味方にするという発想にもっていき、朝の髪の毛のセットは髪を濡らしそのまま手でくしゃくしゃっと後ろ横全体にくるくるくせを出しムースでくるくる感を残しセットしています。

 

くせ毛なのでちょっと伸びれば自分で髪の毛を切っても違和感なくでき周りの方からも節約できていいね〜など言われます。今ではくせ毛の便利さに感謝しています。

 

産後の抜け毛の原因

出産後、女性は抜け毛がすごいと聞いていてもいざその時がきて「えっ?!こんなに抜けるの?!」と驚愕される女性は多いのではないでしょうか?
実は私もその一人です。

 

入浴のシャンプーやコンディショナーの度に指に絡まる抜け毛の多さに驚きと不安があふれました。しかし、赤ちゃんとの入浴中。じっくり自分の悩みになんて悩んでられません。その上、その後に入浴した主人にも「髪の毛すごい抜けていて排水溝つまっていたよ。」なんて言われる始末…。「そりゃ、抜けるんだもの…。そんなに言わなくても…。」と思う日々でした。

 

抜け毛は妊娠後期から産後7.8ヶ月ごろまで増えると言われています。
まず、皆さんに知っていただきたい事は抜け毛はホルモンバランスが原因と言われていますが、他にも産後の女性特有の様々な理由が重なっているということです。
それが

  1. 母乳による栄養不足
  2. 寝不足
  3. ストレス

です。どれも、産後のママさんには納得のものですよね。

 

出来る限りの対策かもしれませんが、栄養ある母乳のためには栄養たっぷりの食事をママが摂ることです。
母乳の出をよくすると言われている白米や根菜を中心とした食事を心がけたり、油っぽいものや甘いものを控えたり、たんぱく質を摂ることも抜け毛予防に効果があるとされています。(参考サイト:ベルタ育毛剤効果

 

ただし、「母乳」「母乳」とママが食べるものに気をとられてしまうとストレスになっては逆効果なので注意してくださいね。他にも粉ミルクを使用したり、旦那さんにミルクをあげてもらう、搾乳しておくなど、ご自身がやりやすい方法を見つけましょう。

 

夜泣きや授乳などで寝不足を解消することはなかなかな難関です。
旦那さんと時間配分して睡眠時間をとるようにしたり、ご両親に甘えるなどしなければいけないところです。しかし、一生続くことではないので、「今はママが必要なんだと。」と心を決めるのも良いかもしれません。

 

しかし、全てがストレスになって赤ちゃんに笑顔を見せられないママになっては本末転倒です。やはり周囲の方々の力をお借りしたり旦那さんが休みの日に貯まったことや自分時間を理解してもらってストレス発散が一番です。

 

ママは年中無休(無給)24時間働きっぱなしです。少しの時間を楽しむことで赤ちゃんもニコニコ笑顔になるはずです。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ